bias fx review

Positive Grid BIAS FX 2 Elite: Overview, Review, and Demo そして最上級マルチエフェクト『BIAS FX Professional』版も入っています。 Bias FX 2 Pro – Pop Preset Playthrough, Live Reaction! わかりやすく「Pop」「Rock」「Metal」などジャンルから絞り込めて、イメージの音がすぐ探し出せます。, 音作りのエディットは、ギターからアンプヘッドまでのコンパクトエフェクターの設定、アンプヘッドからセンドリターンの設定、キャビネットもいろいろ選べて、マイクの設定など、ギタリストにはかなり勉強になるアイテムだと思います!, そして面白い機能がGuitar Matchというシステムで、ギター自体のタイプをシュミレートしてしまう機能です。, ギターにはいろんな種類があって、ジャンルによって録音するギターは変わってきます。 シングル7枚、アルバム6枚リリースして活動休止しながらもメジャーアーティスト、女優、新人アーティストなどに楽曲提供。活動中にESP ギターのモニターミュージシャンとして契約。 Review: Positive Grid BIAS FX 2 is so good you may never want to go back to playing a 'real world' amp or pedalboard again By Chris Gill 16 September 2019 The latest version of the amp modeler includes jaw-dropping Guitar Match feature その前にギターの種類をたくさん持っていないといけません。, それを解消してくれるのがこの、Guitar Matchという機能です。 徐々にジャンルによって「BIAS FX 2」を使う頻度が増えていき、今ではクリーンとクランチは「BIAS AMP 2」、歪み系と飛び道具系は「BIAS FX 2」という使いわけをしています。, グレードは「Standard」「Professional」「Elite」の3段階に分かれていてます。 BIAS AMPとBIAS FX、それぞれ複数のエディションが存在する上に、バンドルを選ぶとなると、さらに選択肢が増えます。Positive Gridのサイトを隈なく探せば必要な情報は得られますが、それも分散しており、お世辞にも見通しが良いとは (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"Positive Grid ポジティブ グリッド プラグインソフト BIAS FX 2.0 Standard","b":"AIUEO","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/512HoBtqpoL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B084YY25C7","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1961087","rakuten":"1961083","yahoo":"1961108"},"eid":"7Ov6b","s":"s"}); 音響専門学校に在学中プロミュージシャンとして活動開始。 代表的なモデルで、同じフレーズで歪んだギターを録ったので聴き比べてみてください。, 「BIAS FX 2」を使えば、とにかくギターの知識が一気に広がると思います。 Positive GridのBIAS FXとBIAS AMP2が半額セールをやっていたので買ってしまいました。 今回はファーストインプレッションということで、適当に録音した音源をあげてみたり、使ってみた感想を書いてみます。 今回はアンプシュミレーター Positive Grid「BIAS FX 2」の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!, アンプシュミレーターの中で人気急上昇の「BIAS FX 2」。 現在、レコーディング・DTMの経験、スキルを活かしてBGM作曲や音源制作、フリーランスの作曲・編曲家として活動中。, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_01.mp3, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_02.mp3, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_03.mp3, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_04.mp3, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_05.mp3, https://masatsumu-dtm.com/wp-content/uploads/2020/08/bias_fx_2_06.mp3, sonible『smart:reverb』最先端のリバーブ研究所!使ってみた・使い方レビュー, https://www.youtube.com/watch?v=nxJys7ZQWZ4. アンプシュミレータの中ではリーズナブルな価格です。 その度にギターを変えてセッティングし直さなければなりません。 使ってみたら、これは感動します!, 本物のギターのそれぞれの種類にはかないませんが、ちゃんとそのタイプのギターの特徴をとらえた音になってくれます。, 使い方ですが、全体のエディット画面下にある「GUITAR MATCH」のすぐ下にあるギターのボディのイラストをクリックします。 同社のBIAS FXであれば、BIAS Ampでカスタムしたアンプをそのまま取り込めるので、両方購入することを前提にする必要があると思います。 Positive Grid BIAS Amp Professional アンプシミュレーター (ポジティブグリッド) 国内正規品 ダウンロード版 Positive Grid BIAS AMP2/BIAS FX2についての、購入者向けガイドともレビューとも雑感ともつかないブログエントリです。, お恥ずかしながら、エレキギターについては演奏技術も大したことがないためちょっとしたバッキングを録ったりする程度にしか使用しておらず、また過去にライブハウスに出入りしていた頃はもっぱらJC-120を使っていたこともあり、ギターフリークの皆様に比べるとあまり踏み込んだ紹介をする言葉をもちません。比較対象もGuitar Rig5をはじめ、Plugin Allianceのいくつかの製品と、やや限定的であることはあらかじめ白状しておきます。, 使用感や競合製品との比較は他にも多数の個人ブログがございますのでそちらに譲りまして、本稿では筆者が製品購入までに理解しづらいと感じた2製品(BIAS AMP2/ BIAS FX2)の違いやエディション間の比較、特徴的な機能の紹介をいたします。また、後半には所感をまとめてみました。, BIAS FX2、BIAS AMP2は、ともにギター/ベース用のアンプ・シミュレータです。, いずれもプラグイン、およびスタンドアロン形式で使用でき、スタンドアロン版は楽器をオーディオI/Fにライン接続してすぐに音を出すことができます。, BIAS AMP2は、ギターアンプやキャビネットにフォーカスしたシミュレータです。エフェクター類は基本的なノイズゲートとリバーブ に限定される代わりに、アンプ部分の調整に関しては偏執的ともいえるほどに細かいパラメータに手を加えることができます。, アンプとキャビネットの組み合わせを変えるだけでなく、プリアンプ、トーンスタック(EQセクション)、トランス、パワーアンプなどなど、各モジュールを実機をモデルにした各モジュールから選択して自由に組み合わせられます。, ここまでは他社製品も類似の機能を提供しますが、BIAS AMP2が独自性を発揮するのはここからです。それぞれの各モジュールについて、通常は知識も手間も要する真空管の交換や、トポロジー(回路の構成方法)の変更、その他細かな調整までも1クリックで行えます。, BIAS FX2では、エフェクターとアンプを任意に組み合わせて、演奏用のペダルボードを自由に組むことができます。無数にあるペダル式のエフェクターは、ほとんどがどこかで見たことがあるものばかりです。, それ以外にもラックマウント型のスタジオ機器を模したエフェクターもあり、こちらはキャビネット以降の音作りに活用できそうです。一方、アンプ周りの設定はフロントパネルにあるノブ類とマイキングの設定に限られ、BIAS AMP2のようにアンプのフタの開閉を必要とするようなパラメータにはアクセスできません。, また、BIAS FX2はライブでの使用も考慮した造りになっており、出力音をどのように扱うか…たとえばそのままラインで卓に渡すのか、あるいは実物のアンプに接続するのか…などによって、不要なモジュールを自動的に無効にする機能も備わっています。, BIAS AMP2でカスタマイズし、プリセットとして保存したアンプは、BIAS FX2でも呼び出すことが可能です。ただし、BIAS FX2で読み込んだ際にアクセスできるパラメータは、トーンスタックのEQや基本的なドライブなど、フロントパネルから制御できるものに限られます。, よって、両製品を所有していれば全パラメータにアクセスすることが可能ではありますが、たとえば「BIAS FX2でライブの準備中に真空管を取り替えたい」といったケースでは、両アプリケーション間を往復するしかありません。, 単一のアプリケーションから全パラメータを操作できる造りにすることは、理屈上ではできない理由がないように思われますので、両製品を所有するユーザのためにも今後のアップデートに期待したいところです。, BIAS AMPとBIAS FX、それぞれ複数のエディションが存在する上に、バンドルを選ぶとなると、さらに選択肢が増えます。Positive Gridのサイトを隈なく探せば必要な情報は得られますが、それも分散しており、お世辞にも見通しが良いとはいえません。, BIAS AMP2には、Standard、Pro、Eliteと3つのエディションが存在します。, Standardエディションでは、選択できるプリアンプ/パワーアンプがStandardの1種に限定されます。それなりにオールラウンドではありますが、個々のジャンルに特化したプリアンプ/パワーアンプ…言い換えると、実機をモデルにしたモジュールを使用するには、ProまたはEliteが必要になります。また、Standardにはベース関連のモジュールは付属しません。ベースアンプ・シミュとして使いたい場合も、まずStandardは選択肢からはずすことになるかと思います。, Eliteエディションにのみ、世界的な老舗ドライバーメーカCelestion謹製のキャビネットIRが付属します。同じIRをCelestionから直接購入してProエディションで使用することも可能ですが、その場合は単体のIRファイルを個々に読み込む必要があります。これに対し、Eliteに付属するCelestionキャビネットはBIAS AMP2とより密に連携できるように統合されており、選択したマイクやマイキングの設定に応じて自動的に切り替わるようになっています。別段IRを使用していることを意識する必要がないため、操作性においては圧倒的な利があります。, BIAS AMP2の方がエディションによって備える機能の違いが明確であったのに対し、BIAS FX2のエディション間の違いは、単純に物量の違いである印象を受けます。, 選択できるアンプ、エフェクター、Guitar Match(後述)それぞれの数が、エディションによって異なります。, エレキギターの音を、まったく異なるタイプのギターに化けさせる機能です。たとえば手元にはストラトキャスター1本しかなくても、ライン音をレスポールやテレキャスターっぽく変えることができます。, さすがにソロなど前景のトラックに使用する場合はリアリティに欠ける感がありますが、リソースの限られた中でダブリングを行う場合などには活用できそうです。, BIAS FX2のリリースからおよそ1年後、2020年4月の無償アップデートにて、エミュレートできるギターの種類がそれまでの18モデルからさらに2つ増えました。今後もさらに拡張されることが期待されます。, なお、初めて使用するギター(モデルではなく録音に使う楽器)は、一度ギターのプロファイリングを行う必要があります。これは、画面の指示に従って単音やバレーコードを弾く作業で、慣れると2,3分足らずで完了します。この作業が完了したギターは、プロファイルに任意の名前を付けて、以後リストより選択するだけで使用できます。, 多数のプリセットを、メーカが運営するサーバからダウンロードする機能です。メーカ提供によるものの他、著名アーティストの手によるエリアも不定期で更新されています。また、膨大なユーザが投稿したプリセットはいまどきのSNS風にLikeできる機能があります。人気順にソートすることもできますので、膨大な選択肢の中から「使える」ものをある程度絞り込めます。, この機能の見どころは、オンライン・カタログにアクセスする機能がアプリケーションに統合されており、プリセットをローカル保存する前に1クリックで読み込み、試奏できる点です。このため、気になるプリセットを毎回ダウンロードして読み込んだりする必要がなく、内蔵プリセットを切り替えるのと変わらない手数でTone Cloudプリセットを試奏することができます。, なお、BIAS AMP2については、内蔵プリセットの多くが後発のキャビネットを活用しアップデートされた「V2」としてTone Cloudに掲載されています。筆者の印象では、これらの多くはサウンドの傾向はそのままに、より繊細なサウンドになっていました。製品を評価される際には、ぜひ刷新されたプリセット群をTone Cloudより入手していただき、そちらもお聴きいただきたいところです。, 本製品の特長としてすでに広く知られていることかと思いますが、BIAS AMP2は他に類を見ない粒度のカスタマイズ性を提供します。, マニアックさが取り上げられがちな本製品、実のところ、これまでゆる~くエレキとお付き合いしてきた筆者に使いこなせるか不安もありました。しかしフタを開けてみると、ひととおりの機能説明に目を通すこと自体が、むしろアンプ設計に関する学習機会となって、ちょっとした冒険を楽しむことができました。, ギターアンプのどの部分が、どの程度、あるいはどのようにトーンに影響するのか? プリアンプやその他モジュールの関連は?, BIAS AMP2では、各セクションをバイパスして一部だけの出音を聴いたりもできるので、それぞれにより起こる変化や、どのように名機のサウンドが特徴付けているかを推し量ることができます。, たとえばTone stack(アンプのフロントパネルで調整するEQ)だけを有効化すると、ノブのラベルこそTreble/Mid/Bassと多くの製品に共通するものの、各バンドの挙動がモデルによって大きく異なることがわかります。, わかりやすい例では、多くのモデルではBassはシェルビングEQですが、American Tweedは150Hzあたりを中心とする鋭いベルカーブとなっています。, それぞれのモジュールにおける真空管や構成の違いが、どのようにサウンドや演奏時のダイナミクスに影響を及ぼすかもうかがい知ることができます。, 余談ですが、Fender Bassmanが採用したパッシブEQの回路は、後にMarshallやVoxにコピーされ、各社の頭文字をとった”FMV Style”という呼称を与えられるほど一般的であったことを今回初めて知りました。関連記事, 制作用のツールとしての有効性もさることながら、このような知的好奇心の探求を(なにより、安全、安価に)できるサンドボックスとしての使い方は、「アンプヘッド」「キャビネット」といったざっくりした括りでしかカスタマイズできない他社製品にはない魅力ではないでしょうか。, ところで、本製品の導入直後、教則ビデオサイト Groove3 でBIAS AMP2の機能紹介をひととおり見たのですが、そこでプリアンプやトランスといったモジュールだけを抜き出し、汎用サチュレータとして眠たいキック/スネアをヌケよくする手法が紹介されていました。このような製品としてはKush Audioのトランスシリーズやelysia Phil’s Cascadeといったものが思い出されますが、いずれも一長一短あり、個人的にはあまり実践投入できていませんでした。機会があれば、細やかな調整の効く真空管&トランス・シミュレータとしてBIAS AMP2が提示する可能性も模索してみたいところです。, さて、ここまでに肝心の音には言及しませんでしたが、筆者自身としてはいまのところ十二分に「使える」と感じていることだけ申し添えつつ、皆様のご判断に委ねたいと思います。, とりあえず、前述のようにビビりながらも飛び込んでみたところ、むしろ詳しくないからこそ大いに楽しめたし、今後も活用したいというお話を共有できればと思いました。, 楽曲制作用に、DAW内で使う前提ののアンプシミュレータをお探しでしたらBIAS AMP2 Eliteが失敗しないと思います。Proとの最大の違いであるCelestion社のIRは一段上のリアリティに貢献しており、Proエディションとの価格差分の値打ちはあるように感じました。, あるいはリアルタイムの演奏含めオールジャンル楽しみたい方は、Metal、Acoustic、Bass用エキスパンションが付属し、現在20モデルにまで拡張されたGuitar Matchも使用できるPlatinumバンドルにダイブしても損はないと思います。なにより、モジュールの不足によりTone Cloudからダウンロードしたプリセットが使えないという悲しい状況を回避できます。, いずれも、昨今の制作用プラグインに比べるとやや高額な部類になりますが、同じ金額のハードとは比較にならない幅のサウンドをパレットに加えることができるかと思います。, …と、ZOOMのマルチペダルから初代LINE6 Podと渡り歩きながら、ゆる~くエレキを楽しんできた筆者は思うのでした。, 導入時にまつわる、ちょっとした体験談です。筆者がPlatinumバンドルを購入した際、認証キーで有効になるはずの付属パッケージのひとつが無効のままでした。この時は、サポートに連絡して追加の認証キーを発行してもらうことで有効にすることができました。いずれかのバンドルを購入された際には、まずユーザページにログインして、バンドルに含まれているはずの製品がすべて”Purchased”になっているのを確認されることをお勧めします。, 実はこれ以外にも、(ごく軽微な)バグレポートのために一度サポートに連絡しましたが、その時にチョットいいことがありました。, アメリカンでぶっきらぼうなところもありますが、よい意味で人間味を感じさせるメーカにけっこう好感を持っています。, ボーカル補正サービス Vocal-EDIT.comのブログです。主にMix/Masteringに関する海外記事に意訳を添えてご紹介しています。, 2020 © blog : Vocal-EDIT.com. Positive Gridのギターアンプ&エフェクト・プロセッサー、BIAS FX Professionalで使えるエフェクトをまとめました。, 2009年以前のラインナップですが、ほぼ網羅していると思います。 自分で使ったもの、作ったギターに乗せただけのもの、多少温度差はあると思いますが、極力他のPUの名前を挙げて比較・評価をしやすくしているつもりです。, ラインナップを押さえきれていないのですが、ディマジオのハムバッカーのレビューです。, 好んで使った組み合わせから試しただけの組み合わせまで、ピックアップ単体ではなくセットで使った感想を、忘れ去る前に残しておこうと思います。 まずは1番使用機会が多かったSeymour Duncan(ハムバッカー)から。, ピックアップ・レビュー/Seymour Duncan(ハムバッカー)編① の続きです。, おすすめのピックアップ組み合わせ、ディマジオ編です。 少々ラインナップが古いですが、逆に定番は押さえていると思います。, Valhalla DSP のリバーブ、 VALHALLA VINTAGEVERB のレビューです。, 知人に頼まれたので、久しぶりに夏休みの工作です。 所謂「トーンカット」回路のポットの改造です。 中古(使い回し)のポットなのは内緒, Amazonで面白いものを見つけたので、たまにはギター本体のお話を。 (まぁ、そもそもこちらが本職だったので…). グレードが上がるにつれてエフェクトもアンプもギターモデルも使用できる数が増えます。, 「BIAS FX 2」は、とにかくプリセットでいろんなエフェクトがとても良いチョイスをしてくれるので、時間がない時はプリセット任せで微調整で使っています。 そしてまずは録音に使用するギターのモデルを選びます。, 使用するギターを登録できたら、いろんなギターモデルから音色を選択できるようになります。 「BIAS FX 2」は、とにかくプリセットでいろんなエフェクトがとても良いチョイスをしてくれるので、時間がない時はプリセット任せで微調整で使っています。 わかりやすく「Pop」「Rock」「Metal」などジャンルから絞り込めて、イメージの音がすぐ探し出せます。

Daisy True Ryan, Unknown In Japanese, I Am The Messenger Song Lyrics, Aws Jobs, Henny Youngman Goodfellas, Canada Gdp Growth 2020, Impedance Headphones, Microseconds To Hertz,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *